モントリオール市からの重要なお知らせを見逃していませんか?

ballot-1294935_640.png

先日、私たちがモントリオールで住んでいる区で進められている、とある建設プロジェクトの賛否を問う「住民投票請求」をするための署名をするために区役所へ行ってきましいた。

そして、区役所へ行って「無知って怖いな・・・」と思う出来事がありました。

今回は、モントリオール市や行政区からのお知らせを見逃さないようにという話を書こうと思います。

スポンサーリンク






住民投票請求の署名について知ったきっかけ




私は、プロジェクト反対派の署名呼びかけのチラシが郵便受けに入っていたので住民投票請求の署名をその日に受け付けているということを知りました。

(このチラシが反対派の人たちが作ったものだということも区役所で知ることになるのですが・・・)

署名は1日だけ、区役所が開いている午前9時から午後7時までの受付でした。

けれども、もしそのチラシがなければ、私たちの生活にかなり密接に関わる問題について何も知らずに終わってしまうところだったのです。



区役所で署名をする手順



住民投票請求の署名をするためには、住所が記載された身分証明書を持っていく必要がありました。
一番良いのは、ケベック州の運転免許所ですね。

区役所へ行って、受付の人に署名をしに来たということを伝えると、まず、身分証明書の提示を求められました。

そして、署名用紙に名前、住所、家主なのか借主なのかを書いて署名をします。これで終わりです。



署名の目的が住民投票請求だとは知らなかった



お恥ずかしい話、私たち夫婦は署名がプロジェクトの賛否を問う住民投票請求のためだとは知らなかったのです。プロジェクト反対の署名だと思っていました。

よく考えれば、プロジェクト反対の署名を区役所で集めるはずがないのですが・・・

本当に、無知というのは恐ろしいです。けれども、今回、区役所の人と話したことでモントリオールで暮らしていくための大切なことを1つ知りました。



新聞「Le Messager」に目を通しましょう



区役所で、私たちが持参したチラシは区が配布したものではなく、反対派の住民が作ったものだということを聞かされました。
そして、市や区からのお知らせは「郵便受けには入れない」と言われました。

SnapCrab_NoName_2016-9-22_22-10-13_No-00.png

確かに、チラシにモントリオールのロゴが入っていなかったし、区の名前も書いていなかったので誰が作ったものなんだろうという疑問は持っていたのです。

そこで、私は区役所の人に、「このチラシを受け取らなければ署名のことを知らなかったのですけど、区からの情報はどうやって手に入れればいいのですか?」と聞きました。

区役所の人は「区のホームページか、Le Messagerを見てください」と答えました。

Le Messagerというのは、毎週1度たくさんのチラシが入った袋(Publi Sac)に入っているモントリオールの区ごとの新聞です。

この新聞の中に、さきほどの画像のようにMontréalの文字と市のマーク、そして区の名前とマークがあってタイトルが「Avis Publics」となっているのが区からの公式なお知らせだそうです。

そして、モントリオール市のすべての区のお知らせは、モントリオール市のホームページにまとめられています。


まとめ


「Le Messager」を隅から隅まで読んだり、区のホームページを頻繁にチェックしている人なんているのかな?と区役所を出て、ぶつぶつ言いながら帰路につきました。

今までは、何週間かに1度パラパラとめくるだけだった「Le Messager」ですが、これからは「Avis Publics」の部分は気にするようにしようと思います。

モントリオールに13年住んでいますが、まだまだ知らないことがありそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
にほんブログ村


この記事へのコメント